農家のペットも都心顔負けでティーカッププードル。

「農業に動物」と聞くと、相容れないような気もしますが、
稲作農家で害虫駆除のためにカルガモを飼っていたり、
売れない作物を酪農の餌にしていたり、と実は良い関係だったりします。
カルガモを害虫駆除に使う場合、農薬を使う必要がなくなり
結果としてお米の質も安全性も上がって、とても好評だということです。
害虫駆除や餌でなくても、
農家では犬や猫を飼っている家の割合がとても多いです。
一緒に畑に出てくる姿をよく見ます。
最近は、農家のペットも都心顔負けで
ティーカッププードルやチワワなどの犬種が人気だそうですが、
何故かこういうのは流行りが来るのが早いですね。
何故なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です